産休育休

【育児休業給付金】取得要件・期間・支給額の計算を丁寧に解説

育休手当の給付金額を事前に知ろう

前回は、産休中の給付金「出産手当」の計算方法、金額の計算方法を解説しました。

【出産手当給付金】産休育休のお金はいくら貰える?実際の金額を計算給付金額を事前に知って、お金と心に余裕を持ちましょう 今回は、産休育休に関わる給付金の計算算出方法を、途中式も記載してひとつずつ丁寧に...

今回は、育休中に給付される「育児休業給付金(育休手当)」について、実際の給付金額の計算方法を解説します。

育休期間の給付金「育児休業給付金」のおさらい

この制度は、厚生労働省が推奨し、国から貰える給付金です。
申請することで、育児休業取得時の従業員は、会社からではなく、国からお金が給付されます。産休の後の、育児休業中にもらえるお金です。また、育児休業給付金は非課税となるので所得には含まれません。さらに、育児休業期間は社会保険料も免除(事業主も免除)となります。

産前産後期間の話ではなく、産前産後期間の後に貰える給付金だよ

育児休業給付金も申請しないと貰えないので対象者は必ず申請しましょう。

育児休業給付金の支給条件

  • 1歳未満の子を養育するために育児休業を取得した被保険者(雇用保険加入者)であること
  • 育児休業開始前の2年間に、11日以上就業している月が12カ月以上あること

フルタイムで働いている従業員の方は、基本的に上記条件は満たせていることが多いと思います。しかし、パートや契約社員等有期雇用で働いている従業員の場合は条件を満たせているか申請前にしっかり確認しておきましょう。

有期雇用者の場合は、下記条件も満たしている必要があります。

  • 同一事業主のもとで1年以上雇用が継続していること
  • 子が1歳6か月に達する日までに、労働契約(更新される場合には、更新後の
    契約)の期間が満了することが明らかでないこと

また、ひとつ前の解説でも触れましたが、育児休業期間中の各1カ月ごとに、休業開始前の1カ月あたりの賃金の80%以上の賃金が支払われていないことも支給条件です。

1人目育児休業中に2人目妊娠した場合の支給はどうなる?

1人目の育児休業中に2人目を妊娠した場合は、2人目の産休開始の前日までが、1人目の育児休業給付金の対象となります。そのため、対象期間が残っていたとしても2人同時に支援金を受け取ることはできません

支給対象期間

育児休業期間が対象日となり、育児休業開始日から、育児休業に係る子が1歳に達する日(1歳の誕生日の前日)の前日までの期間。(1歳の誕生日の前々日まで)

また、申請することで支給延長できる場合があります。

  • 子が市町村に対して保育所(認可)への入園を希望し、申込みを行っているが、入所できず、保留通知を受け取った場合は、1歳6か月まで延長可能(入園内定を辞退した場合は対象外)
  • 1歳6か月の時点でも入所できず、保留通知を受け取った場合に限り子が2歳になるまで再延長可能
  • 「パパママ育休プラス制度」を取得した場合は、1歳2か月まで延長可能
  • 休業取得時に退職が決定している場合は、取得対象外
  • 育児休業取得は男女問わない
  • 養育する子は実子、養子問わない
  • 配偶者の病気や離婚等育児が困難な場合も支給対象の場合有り

パパママ育休プラス制度とは?

「パパママ育休プラス制度」を利用した際は、育児休業取得可能期間の延長が可能です。通常の育児休業期間は子が1歳に達する前日までの期間が対象となりますが、夫婦揃って育児休業を取る場合は、1歳2カ月まで支給対象となり、通常よりも支給期間を2カ月延長することができます。また、配偶者が専業主婦(夫)の場合も取得可能です。

2010年からスタートしたんだって!知らなかった!!

また、支給要件がいくつかあります。

  • 配偶者が子どもの1歳到達日以前のいずれかの日において育児休業をしていること
  • 制度利用者本人の育児休業開始予定日が、子どもの1歳の誕生日前であること
  • 制度利用者本人の育児休業開始予定日が、配偶者の育児休業の初日以降であること

(配偶者とは、法律上の配偶者のみならず、事実上婚姻関係と同様の事情にある者を含む)

パパママ育休プラス制度は、1人当たりの育休取得可能最大日数は、1年2か月間取得できる訳ではなく、産後休業含め1年間のみです(夫婦それぞれ1年を超えない範囲で取得可)

パパの育児休業は2回取得できる?!

配偶者(ママ)の出産後、8週間以内の期間内に、パパが育児休業を取得した場合には、特別な事情がなくても、再度、パパが育児休業を取得できます。

派遣社員で育休に入った人や専業主婦(夫)で育休明けに向けて就活する人にとっても配偶者がお休みできるのは有難い制度だね

 

育児休業給付金支給額は?

育児休業1日目~180日目(半年間)は賃金日額の67%を支給、その後181日目~子が1歳を満たす前日まで賃金日額の50%の金額が貰えます。

休業開始時賃金日額×支給日数×67%(50%)が支給されるんだね

育児休業給付金には、上下限額と賃金月額と支給額の上限額があります。
(令和元年8月1日以降)毎年8月1日に変更

賃金月額の上限額454,200円
賃金月額の下限額75,000円

支給上限額(67%)304,314円
支給上限額(50%)227,100円

育児休業取得時に事業主から給与が支払われている場合の支給額は?給付金以外にも給与は貰っても大丈夫?

育児休業取得時の給与受け取りは、育児休業給付金には影響するのか。気になりますよね。支給の条件は、3段階に分かれています。

育児休業開始半年間とそれ以降で要件が違うから注意だよ

期間に下記、要件をみたしていれば支給されます。

  • 支給単位期間に、就業していると認められる日数が10日以下であること。
  • 支給単位期間に、就業日数が10日を超える場合は、就業していると
    認められる時間が80時間以下であること。
  • 支給単位期間に支給された賃金額※が、休業開始時の賃金月額の 80%未満
    であること。

※「支給単位期間に支給された賃金額」とは「その期間に支払日のあるもの」をいいます。
ただし、育児休業期間外を対象としているような賃金や対象期間が不明確な賃金は
含めず、原則として育児休業期間中を対象としていることが明確な賃金の額のみのことです。

【育児休業給付金を67%受給時】

支給された賃金 育児休業給付金支給額 例(賃金月額30万)
13%以下 満額給付 賃金月額30万×67%=20.1万支給
13%超80%未満 「給付金」ー「支給された賃金」の差額 (賃金6万(20%分)の場合)賃金月額30万×80%-6万=24万-6万=18万支給
80%超 給付されない 0円

【育児休業給付金を50%受給時】

支給された賃金 育児休業給付金支給額 例(賃金月額30万)
30%以下 満額支給 賃金月額30万×50%
=15万支給
30%超~80%未満 「給付金」-「支給された賃金」の差額 (賃金12万(40%分)の場合)賃金月額30万×50%-12万=15万-12万
=3万支給
80%超 給付されない 支給されない

 

※ 支給単位期間について、10日を超える場合にあっては、就業していると認められる時間が80時間以下であること。育児休業終了等により、1か月に満たない支給単位期間については、就業していると認められる日数が10日以下であるとともに、育児休業による全日休業日が1日以上あれば、当該要件を満たします。
また、この全日休業日には、日曜日・祝祭日のような事業所の所定労働日以外の日を含みます。

賃金日額とは?計算してみよう

育児休業給付金は休業開始時賃金日額が基準の金額となります。
育児休業給付金の賃金日額を求めるには、休業前6か月分の給与(総支給)÷180日を計算して出します。

給与とは総支給のこと。交通費、残業代、手当等も含むよ

例:給与300,000円の場合

休業前6か月分の給与300,000円×6か月=1,800,000円÷180日=10,000円

  • 賃金日額(1日あたり):10,000円(計算式:休業前6か月分の給与÷180日)

賃金日額10,000円×30日=賃金月額300,000円

  • 賃金月額(1月あたり):300,000円(計算式:賃金日額×30日)

となります。

以上、育児休業給付金についてまとめてみました。

お時間のある場合は、下記も読んでみてください

産休・育休中でも支払う税金はある?職場復帰後の申請書類の確認産休育休中、給与が貰えなくなるのに、 払わないといけない税金ってあるの? 社会保険ってどうなるの? と心配になりま...