キャンプ

ルーフトップテント愛用者がメリットとデメリットまとめました!

テントを購入する際に、車好きな方や車上泊キャンプに興味のある人は、ルーフトップテントを購入したいと一度検討されたことがあるのではないでしょうか。

2年目キャンパー
2年目キャンパー
使い勝手は良いのかな?車に載せるのってどうなんだろう??

そんな方に向けて、実際にルーフトップテントを愛用している私からメリットデメリットをまとめてみました

ルーフトップテントとは?

ルーフトップテントとは、ルーフテントとも呼ばれ、車の屋根にテントを張ることのできるテントのことです。(写真はテントと一緒にアネックスもついています)

普通の乗用車や物によっては軽自動車に載せられるルーフトップテントもあります。
我が家が使っているテントはアドベンチャーキングスのもの。
一番コスパがよくて、使い勝手もとてもいいですよ!

それでは、ルーフトップテントのメリットとデメリットを順番にみていきましょう!
まずは、メリットをまとめてみました。

【ルーフテント】15分で完成できる設営方法を分かりやすくレビューこんにちは、りいままです。 先日、ルーフトップテントを手に入れた我が家、デイキャンプに行けたので、 アドベンチャーキングスのルー...

ルーフトップテントのメリット

地面が凸凹していないのでいつも快適に過ごせる
底冷えしない
景色が高い位置から一望できる
テントの配置を設営後も移動できる
設営が簡単
特別感を感じられる
使い心地もいいんだけど、キャンプの特別感も増すからとってもおすすめ!

地面が凸凹していないのでいつも快適に過ごせる

通常のテントだと、地面に張ることになるので、石があったり、草が生えてたり、場所によっては、テントにマットを敷いても凸凹してしまうことがありますよね。ルーフトップテントは、車の上にあるので、そういった煩わしさも一切ありません。
そして、アドベンチャーキングスのルーフトップテントは、初めからインフレーターマット(テントの中に敷くマット)が付属で付いていて、膨らます手間もないので、とっても快適に過ごせます!

底冷えしない

冬キャンプもキャンプの醍醐味ですよね!しかし、季節によって想像以上に寒く、通常のテントだと、床からの冷たさが伝わって、テント内が寒くなったり、寝ているときにも底冷えを感じてしまうことがあります。ルーフトップテントは、車の上にある為、冷気が伝わってこないので、そういったところもメリットだと思います。また、雨の日も床は濡れないので浸水の心配もないですね!

景色が高い位置から一望できる

昨今のキャンプ熱でキャンプを始めた方もとても多いのではないかと感じます。
人気のキャンプ場は常に満員のところもありますよね。
ルーフトップテントは通常のテントより高い位置にあるので、景色も楽しむことが出来ます!

日本特有の桜や紅葉の季節のキャンプにはもってこいです!

2年目キャンパー
2年目キャンパー
私も桜の季節にこの前初めてルーフトップテントで行ったんだけど、寝ころびながら桜がみれてとっても感動したよ!
テントの配置を設営後も移動できる

通常のテントだと、テントを張った後に移動させるのはとても大変ですよね。
ルーフトップテントは、ペグと梯子さえ畳めば、敷地内の少しの移動でしたら意外とできてしまいます。何回も移動させるのは他の利用者さんに迷惑がかかりマナー違反にもなってしまいますが、設営時に少し微調整したいときとかには動かせることはメリットだと思います!

2年目キャンパー
2年目キャンパー
動かすときは、梯子が車体にぶつかることもあるから、そーっと動かしてね!

設営が簡単

ルーフトップテントは、張るのに約15分もあれば簡単に設営できます!
それも、難しい工程は全然ありません。1人でも組み立てられるので、小さいお子さんがいる方や設営を早く終わらせた人にもとってもおすすめです!

特別感を感じられる

最後のメリットとしては、これに尽きます。キャンプ道具の中でテントはメイン中のメインといっても過言ではありません。他のキャンパーの方より少し目立ちますし、あまり使っている人が多いわけでもないので特別感を感じられますよ!

2年目キャンパー
2年目キャンパー
我が家のもうすぐ2歳になる娘、もうはしごを一人で登れるようになってて、感動したよ~

子どもの成長を見るのにも一役かっています!

デメリットは全くないかというと、そんなことはありません。
購入を検討している方には必見です。よく検討してみてくださいね!

では、次にデメリットもみてみましょう。

ルーフトップテントのデメリット

車によっては、高さ制限のある立体駐車場等に入れなくなる
設営後、キャンプ場から移動出来ない
車の乗り入れの出来るキャンプ場が必須

車によっては、高さ制限のある立体駐車場等に入れなくなる

デメリットとしては、これが一番大きいかなと思います。
車の高さにもよりますが、ルーフトップテントをつけることで車の高さが上がります。
それによって、テントを載せた状態でのお出掛けの際は、注意が必要です。
我が家は常に載せっぱなしなので平面駐車場を利用するようにしています。
(車庫等持っている人はテントを下せるようにしている人もいるみたいです)

ルーフトップテントを載せると車の高さが変わって今うので、車体登録等どうなるのかな。と少し心配になる方もいるかと思いますが、ルーフトップテントは積載物となるので荷物を上に積んでいるだけということになります。なのでその点は、気にしなくてOKです

設営後、キャンプ場から移動出来ない

ルーフトップテントを広げて、固定してしまうと、車を動かすことが難しくなってしまいます。お風呂に行きたいけど、近くに施設がない場合っや食料を近くのスーパーまで買いに行きたい等の場合は注意が必要です。

2年目キャンパー
2年目キャンパー
我が家の場合は、お風呂がキャンプ場施設にあるところを選んで泊っているよ♪

車の乗り入れの出来るキャンプ場が必須

これも、少し盲点なのですが、キャンプ場によっては車の乗り入れが不可能なキャンプ場もあります。キャンプ場を予約する際には注意が必要です。

まとめ

以上、ルーフトップテントのデメリットとメリットについてまとめてみました!

キャンプをする上でテント選びはとても重要ですよね。我が家にとっては圧倒的にデメリットよりメリットが勝ちますが、人によっては譲れないところもあると思います。

我が家はルーフトップテントを選んで(床に張るタイプのテントも持っています)
やっぱりルーフトップテントを購入してよかったね!と今でもキャンプ中に話すくらい快適でお気に入りです!

YAKIMAもいいですよねぇ…

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[Smittybilt 正規品] ルーフテント オーバーランダーテント ルーフトップテント
価格:198000円(税込、送料無料) (2021/10/6時点)

楽天で購入

 

 

購入の参考にしてもらえればとても嬉しいです!

【ルーフテント】15分で完成できる設営方法を分かりやすくレビューこんにちは、りいままです。 先日、ルーフトップテントを手に入れた我が家、デイキャンプに行けたので、 アドベンチャーキングスのルー...