キャンプ

【キャンプ】1日デイキャンプ一体いくらの費用、料金がかかる?

日帰りキャンプ=デイキャンプがいくらかかるか計算してみた

キャンプって楽しそう。それもお金もかからなさそうなイメージがしませんか?

日帰りのキャンプのことを、デイキャンプ、デイキャンといいます。
デイキャンを行った際、実際いくらくらいかかったのか、について書きたいと思います。
先日、ちょうどデイキャンしてきたので、計算してみました。

結果としては、6,500円でした!
内訳について書いていきたいと思います。

我が家のキャンプに行く条件

内訳の前に、我が家がキャンプに行く際に条件としていることを書きます。

  • 車で乗り入れられるサイト(キャンプ場)
  • お風呂施設に徒歩圏内でいける
  • 景色が綺麗
  • フリーサイト(希望)

【車の乗り入れ可】車が乗り入れられると、荷物の出し入れも簡単に行えるし、
カーサイドタープを出すこともできます。

【お風呂施設有】家族で行くので(子一人)温泉や銭湯に入れるとこをみつけて行きます。
子どもが土まみれになっても清潔でいられるし、何より寒い季節に、テントから暖かい湯気のでたお風呂につかれることは最高に気持ちがいいです。
【景色】高台だと、きれいな星空が見えたり、夕日がみえたりします。

【フリーサイト】フリーサイトとは、区画サイズが決められていないキャンプ場です。
その方が、広々と心置きなく(周りのキャンパーに配慮しつつ)キャンプを堪能することができます。

日帰りキャンプの料金内訳

フリーサイト:デイキャンプ代 1,000円(1サイト)
(施設によっては~3,000円ほどかかるところも有)

入場料:大人1日300円×2人分
(施設によって乳幼児でも料金がかかるところもあります。今回は無料)

今回は、以上合計で1,300円でした。

他にも追加料金がとられる施設も

他のも、追加で料金が請求されるところもあります。

ゴミ処理料500円(1組)
美化協力金100円/人

ゴミ処理料を払うキャンプ場では、ごみ袋をもらってそこにキャンプ中にでたゴミをいれてまとめれば、キャンプ場でごみを処分してもらえます。
缶や瓶などは自分たちで分別しておく必要があったり、各キャンプ場によって決まりが違うので要確認しましょう。
ちなみに、今回いったキャンプ場は、お金を払わない代わりにゴミは自分たちで持ち帰り必須だったので、ごみ袋は持参していきました。

そのほかにかかる費用

朝ごはん、昼ご飯材料代1,515円
急遽、買いに行ったので、事前準備はしていなく、コンビニで調達しました。

買ったものは、

  • スティックパン(子ども朝ごはん)
  • 総菜パン(大人二人分)
  • 冷凍ブロッコリー
  • 皮つきウィンナー
  • 皮なしウィンナー
  • じゃがりこ(おやつ)
  • 堅あげポテト(おやつ)
  • インスタントコーヒー

自宅からは、

  • 調味料
  • パスタ麺
  • マッシュルーム(パック)
  • 焼サーモン(昨晩のご飯の残り)
  • ベビーせんべい
  • ジュース(子ども用)
  • アヒージョの素

を持っていきました。

また、道中でガソリンを入れて向かったので
ガソリン代2000円ほどかかったかと思います。

以上のトータル料金を含めると

  • キャンプ場でかかるお金 約3,000円
  • 食費にかかるお金 約1500円
  • 交通費 約2,000円(片道1.5時間のところ)

合計6,500円でデイキャンプに行けました。

以上、キャンプにリアルにかかる料金を計算してみました。

【初めてのファミリーキャンプ】道具10個買って揃えれば大丈夫ファミリーキャンプをするにはこのキャンプ道具を準備しよう 今回は、初めてキャンプ道具を揃える方に向けて、 我が家が最低限、揃えた「必...